スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[歌詞] さよならフォトグラフィー 

壮大なプランでもって膨らんだ誇大妄想を
「軌道修正しなくちゃ」と言い聞かせて
順風満帆じゃなくてどちらかといえばやってこれた
胸を張って主張を出来る事も無いまま

レンズを通して切り取った 青い空の色に嫉妬して
ともすればまるで羊の群れ だけどいつでもプラスのイメージを持って

どこにでもあるような小さな幸せを 積み重ねていくだけで良い
同じ場面タイミングであなたと笑えたら
1つ1つ思い出が増えていくのでしょう 明日は晴れるかな

整理のつかない部屋と同じ心境でいる僕は
友人の出世話を聞き流してる
でもだんだん嫌じゃなくなってきたシャッターを押すたび不安が
1枚づつ剥がれていく音が聞こえた

辛口の評論をはねのける 革命的なアイデアが欲しい
脳裏にかかった雲の群れ だからいつまでもぶれないイメージを持って

言葉に出来ないような悔しさの数だけ 誰かの優しさに触れる
理論や科学では解けない魔法だな
どうしてこんなにも温かいのでしょう 残さず食べなくちゃ

溜まったままのマイナス要素を吐き出して
さらば いつまでもメソメソしてんじゃねぇぞ

どこにでもあるような小さな幸せを 積み重ねていくだけで良い
同じ場面タイミングは2度とは味わえない
写真にうつる僕よりもっと マシになれるように「さよなら」言わなくちゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。